2ch系女子速報








本屋で援交女と間違われて付け回された話

1:2014/10/06(月)22:04:01 ID:
思い出したから書いてみる




5:2014/10/06(月)22:10:36 ID:
>>4
バイト時間までの暇つぶしに本屋に寄る
おっさんに目をつけられる
店内を鬼ごっこ状態
7:2014/10/06(月)22:13:33 ID:
誰もいなくても勝手に書いてくわ

高1の秋の話なんだけど、学校帰りにそのままバイト先に向かったら1時間くらい早く着いたから近くの本屋で時間を潰すことにした。
欲しい漫画もなかったからとりあえず店内をウロウロしてたんだけど、ある本を見つけた。
10:2014/10/06(月)22:15:42 ID:
その本は中学の時にめちゃくちゃ流行ってた「死ぬかと思った」っていう本。
うわー!懐かしい!とか思いながら手にとってパラパラ読んでたんだけど、場所が悪かった。
15:2014/10/06(月)22:19:42 ID:
エロ本コーナーの真横だったんだ。
死ぬかと思ったシリーズには「死ぬかと思ったH」っていうのがあって、たぶんそれを置くために近くにあったんだと思う。
買おうかな~、って思ってたらオッサンが真横に来た。
22:2014/10/06(月)22:23:30 ID:
めちゃくちゃ ハァハァ言ってて「どうしたんだ?走って来て疲れてるのか?」なんて呑気なこと考えてたのね。そのオッサンすっごい汗臭かったしワキガの臭いもしたから。

そしたらオッサン、自分の周りをずっとウロウロし始めたわけよ。
真後ろに来たり左横に行ったり右横に行ったり。
31:2014/10/06(月)22:26:06 ID:
自分はこの時点で察したわけよ。

「あぁ、このオッサンはエロ本が買いたいけどJkが近くにいるから買いづらいんだな シャイなやつめ…」 って。

とりあえず、本を元の場所に戻して移動することにした。
35:2014/10/06(月)22:30:21 ID:
とりあえずDVDコーナー行ってみよー!なんて思いながら歩き始めたわけよ。

オッサンも。

ていうかなぜか数歩後ろをガッチリキープしてついて来てた。
まあこの時は呑気だから「あれ?エロ本が買いたかったわけじゃないのか~」なんて思ってたのね。
37:2014/10/06(月)22:34:41 ID:
DVDコーナーに到着。
おうおう、この映画もう貸し出されてるのか~とか考えてたら、少し遅れてオッサンも自分の後ろに到着。相変わらずワキガ臭い。

色々見て回ってたけどその間オッサンが自分の後ろに必ずいる。
DVDコーナーを3周した辺りでやっと気付いた。

こ い つ 自 分 を つ け て 来 て る … !
41:2014/10/06(月)22:40:00 ID:
>>37
マジか...

なんだこれ...
38:2014/10/06(月)22:36:02 ID:
!?
40:2014/10/06(月)22:39:41 ID:
急に怖くなってめっちゃ早歩きで違う場所に移動した。
「とりあえずオッサンをまくんだ…!」っていう使命感に駆られていた。

「さっさと店出ればいいのに」って言われそうだから先に言っておくと、オッサンをまかずに店を出たら出た後に確実に声をかけられる、またはつけられると思ったから。
42:2014/10/06(月)22:42:15 ID:
おっさんって、サラリーマン?
それとも真正のキチガイ?
43:2014/10/06(月)22:43:39 ID:
それからはとにかく鬼ごっこ状態。
色んな棚を行ったり来たり。
途中半泣きになってた。
店員に声かけようかとも思ったけど、オッサンがついて来てる証拠とかはないし相手にされなかったらどうしようとかとにかくパニくってて言えなかった。
44:2014/10/06(月)22:44:39 ID:
>>43
サラリーマンじゃないと思う。
作業着だった。
キチガイだったのかな…
45:2014/10/06(月)22:45:40 ID:
>>45
まあまっとうに働いていたらそんなことしないわな
46:2014/10/06(月)22:48:13 ID:
20分以上は店内鬼ごっこしてたと思う。

やっとオッサンの姿が見えなくなった…!勝った…!

この時ちょっと泣いた。
まだ早いけど怖いからバイト先行こうって歩き出したときだった。

反対側の本棚で待たれてた。
48:2014/10/06(月)22:49:59 ID:
あん時はすまんかったな
49:2014/10/06(月)22:50:19 ID:
こええ
56:2014/10/06(月)22:57:20 ID:
>>49
まじで怖いからやめてくれ…
50:2014/10/06(月)22:51:33 ID:
この時リアルに「ヒァッ…!?」とか変な声が出てたと思う。

オッサンと目が合った。
オッサンはニヤーって笑いかけてきた。

この時まじで頭真っ白になったけど、とにかく逃げなきゃコイツはヤバイ。事件に巻き込まれる、というか最悪の場合死に至る。って思った。
52:2014/10/06(月)22:54:36 ID:
うわあ……
57:2014/10/06(月)22:58:07 ID:
>>52
自分で言うのはおこがましいけど取り立ててブスではないと思う
53:2014/10/06(月)22:54:57 ID:
うちもそんな感じのこと中学のとき経験した・・・
58:2014/10/06(月)22:59:07 ID:
>>54
本当に怖いよね…
ここ最近であった怖いことの上位にランクインだわ
54:2014/10/06(月)22:54:59 ID:
そっからまじで猛ダッシュ。
店内とかそんなもん気にしてられるか。
オッサンはいきなり走り出したことにビックリしてた。
後ろは振り返らずとにかく一目散にバイト先へ。
幸いオッサンは後をつけてきてなかった。
あの時はまじで死ぬかと思った。
62:2014/10/06(月)23:02:11 ID:
うちの場合は話しかけられてそのままインしちゃったんだけど
67:2014/10/06(月)23:09:03 ID:
毎回思うけど不審者ってなんでいつもハァハァ言ってるの
やっぱり実行する前から興奮するものなの
68:2014/10/06(月)23:09:38 ID:
>>68
緊張してるとかかな?
69:2014/10/06(月)23:10:34 ID:
>>68
妄想で脳汁全開なんだろ?たぶん
71:2014/10/06(月)23:12:42 ID:
>>69
なるほど…
こいつらのせいで男の人がハァハァ言ってるのまじでトラウマになったわ
72:2014/10/06(月)23:14:27 ID:
他にも変なオッサンの話とかあるけど需要があれば書く
73:2014/10/06(月)23:15:37 ID:
>>73
・・・ぜひ。(ゴクリ
74:2014/10/06(月)23:18:21 ID:
>>73
まだあるのかよww
75:2014/10/06(月)23:18:31 ID:
>>74
オナニー男と
ファンキーなジイちゃんと
真面目そうなサラリーマンの3択ねw

真面目そうなサラリーマンは兄が出会った話だけど
76:2014/10/06(月)23:21:17 ID:
>>76
1番(  
80:2014/10/06(月)23:25:14 ID:
じゃあ オナニー男の話

これは中学2年の秋から冬になるくらいの時の話

いつもと同じように友達のAちゃんと仲良く下校してた。
その日は午後から雨が軽く降ってたけど帰る頃にはほとんどやんでたかな。
帰り道の神社の前に自転車を停めて携帯をいじってる30代半ばくらいの男の人がいた。
髪の毛濡れてたし、雨の中ずっと立ってたんだと思う。後から聞いた話だと実際に一時間以上その場所にいたみたい。
81:2014/10/06(月)23:29:44 ID:
「傘くらいさせばいいのに。変な人だなあ」なんて思いながら神社を通り過ぎて角を曲がった。
しばらくしてさっきの男の人が自転車に乗って自分たちを追い抜いていった。
呑気なもんで、「道に迷ってたのか!」なんて自己完結したわけよ。
Aちゃんは曲がり角を進んですぐが家だからここでお別れした。

お腹すいたし早く帰るぞい!って駆け足で次の曲がり角を曲がった。

さっきの男の人が自転車を停めて立ってた。
82:2014/10/06(月)23:31:14 ID:
(´・_・`)ゴク・・・
83:2014/10/06(月)23:34:06 ID:
あららー?なんて思いながら夕飯のことを考えてご機嫌な自分。

この先はずーっと真っ直ぐ進めば家。
ちなみにド田舎だから街灯は全然ない。
スタスタ歩いてる自分のあとをなぜかさっきの男の人がついてくる。

自分の家の周りには田んぼしかないし近所の人はだいたい顔見知り。目的地が一緒なはずがない。
84:2014/10/06(月)23:37:48 ID:
そもそもこの男の人、自転車を置いて歩いてついて来てた。

頭の中「????」って感じ。
斜め横にずっといるしハァハァハァハァってとにかくうるさすぎた。

道路を斜めに進んでもジグザグに進んでもずっと横にいてやっぱりハァハァって息が聞こえてくる。

頭にきた自分はいっちょ文句を言ってやろうって強気に出て後ろを振り返った。

「あの!!!!」
85:2014/10/06(月)23:40:30 ID:
男はその場で止まってズボンを下ろした。
続いてパンツも下ろした。

自分 ポカーン

そりゃあもう、勃起してたわ
初めて男の人の勃起ちんこ見た。
さっきまで文句言おうとしてたのにもう頭の中パニック状態。
86:2014/10/06(月)23:43:08 ID:
男の人は小さい鞄持ってた。

もしかしたら刃物とか入ってるのかも。
下手に動いたら殺されるかも。
まだ死にたくない怖い怖い怖いってなって動けなかった。

男の人は自分の顔を見ながら目の前でずっとすごい早さで手を動かしてた。
87:2014/10/06(月)23:45:24 ID:
泣いたら負けだ。変に大きい声を出したらこういう人は刺激させてしまうことになる。

落ち着け自分。頑張れ自分。
って頭の中で言い聞かせる。

突然足元に白い液体がビュッビュッて飛んできた。
88:2014/10/06(月)23:46:14 ID:
ギャー
89:2014/10/06(月)23:48:28 ID:
ギャー
90:2014/10/06(月)23:51:20 ID:
なんとなくだけどそれが精液だってことは分かった。

男の人は相変わらずハァハァ言って自分の方を見てたけど、さっきより気が緩みきっているのは分かった。

今がチャンスだ。

けど、ここでなぜか自分は「余裕を見せよう」という考えに至った。
慌てているさまを見せないようにしよう、と。マジで意味がわからんけど
91:2014/10/06(月)23:51:25 ID:
おっさんだけど
電車でJKの痴女に遭ったことあるぞ
最近のJKっておっさんに興味あるんだなw
93:2014/10/06(月)23:53:01 ID:
>>92
おじ様優しいから好き
100:2014/10/06(月)23:59:35 ID:
>>92
今はおっさんは好きだけど、オナニー男に会ってからしばらくはおっさん怖くて仕方なかったなあ
95:2014/10/06(月)23:54:52 ID:
自分は男の人の顔を見ながら鼻で笑った。
そしてそのまま出来るだけ何事も無かったかのようにゆっくりと家に向かって歩き出した。
こっから家までの距離50mくらいだけど。

そんで家に着いてから母親に事情説明。
余裕ぶってたけど話してるうちに号泣してしまってちゃんと話が伝わるまでにかなり時間がかかったw
97:2014/10/06(月)23:55:31 ID:
この話はこれでおしまい
99:2014/10/06(月)23:58:09 ID:
>>98
おつかれ(´・ω・`)
108:2014/10/07(火)00:10:52 ID:
>>1
よければ3番目のお兄さんのやつも聞きたいです・・
111:2014/10/07(火)00:17:05 ID:
兄のは本当に「変な人」の話

自分の兄は妹が言うのもなんだけどイケメンっていう部類に入る。
切れ長の目とそこそこ高い鼻でスッキリとしたイケメンっていう印象かな。

サッカー部に入ってたからその日もいつもどおり練習の後電車でウトウトしてたらしい。
112:2014/10/07(火)00:19:17 ID:
部活の後の時間帯は電車内がそこそこ空いてるのね。だけど、その男の人は兄の目の前に立ってたみたい。

どんな人だったの?って聞いたら、見た目は真面目そうなサラリーマンだったって言ってた。
113:2014/10/07(火)00:22:55 ID:
まあ、何をしたかというとウトウトしてる兄の頭を触り始めたらしい。

当時の兄は短めの髪の毛にワックスをつけてまとめてた。

それを指で立てたり撫でたり。

兄は眠いし面倒くさいし放置してたみたいけど帰ってきてから「変な人に会ったんだけど…」ってこの話をしてきた。

そのサラリーマンが何がしたかったのかは未だに分からない
114:2014/10/07(火)00:24:11 ID:
>>114
え・・・変な人www
ショタコン的なひとだったのか、、髪の毛直してあげてたのか、、
115:2014/10/07(火)00:24:35 ID:
笑いながら聞いてたけど、自分が真面目そうなOLに電車内で髪の毛撫でられたり指でまとめられたりしたらさすがに怖いわ
116:2014/10/07(火)00:26:17 ID:
>>115
どちらにせよ無言で髪の毛を弄り回して次の駅で降りて行くという凄さ…
普段のその人がどんな人なのか気になるところだわ…
117:2014/10/07(火)00:27:50 ID:
>>117
無言は怖いな~w
つい本性でちゃったとかなのか・・
118:2014/10/07(火)00:29:02 ID:
まだ寝れなそうだし、ついでにファンキーなジイちゃんの話も書いとくわwww
120:2014/10/07(火)00:31:11 ID:
>>119
期待
121:2014/10/07(火)00:31:23 ID:
高1の11月13日のこと
この日は訳あって日にちまで覚えてるw

日が短くなってきてたしこれから塾だ!っていうのでわりと急いで帰ってた。そんで途中めっちゃノロノロ走ってる車を抜かしてった。
123:2014/10/07(火)00:34:09 ID:
そしたら、抜かしたあとすぐに自分の自転車のスピードと同じくらいのスピードでさっきの車があとをついてくるわけ。

中学の時のこともあったしあとを付けてくるやつは大体ヤバイやつだ あばばばば とか思ってたら案の定、車の窓を開けて声をかけてきた。
124:2014/10/07(火)00:37:03 ID:
「お嬢ちゃんお嬢ちゃん!!」

あら、なんだ。おじいさんじゃないか。焦って損したぜ。って思ったね。
近所の人が良い人ばっかりだから自分の中の老人はみんな良い人だったのね。

とりあえず自転車を停めて降りて話を聞こうと思った。というか道に迷ってるんだと勝手に思い込んでたから教えてあげようとか勘違いしてた。
125:2014/10/07(火)00:38:27 ID:
>>125
優しい子やな
126:2014/10/07(火)00:38:48 ID:
日本語変だったかなw

まあ、とにかくおじいさんに「どうしたんですか?」って微笑みながら言ったわ。

そしたらおじいさんがこう言うのね。

「6万円やるから遊びに行かねえか?」

って。
127:2014/10/07(火)00:41:36 ID:
思わず「えっ?」って声が出た。

おいおい このじいさんは何を言ってるんだ?聞き間違いかな?ってなったからな。

そしたら、やっぱりもう一回「6万円やるから遊びに行くべえ 」って言い出すのよ。
128:2014/10/07(火)00:44:44 ID:
いやいやいや、ジイちゃんいくつよ。みたところ70近いぞ、というか越えてるんじゃねえか?そもそも使い物になるのか?とか色々な疑問が浮かんできたわけだけど、とりあえず「いえ、結構です 」って言った。

それでも「6万円…」っていい続けるジイちゃん。

5、6回くらいこのやりとりをした。
129:2014/10/07(火)00:49:26 ID:
さすがにラチがあかねえ…って思ったから、ビシッと言ってやろうと思ったんだけど混乱してるのもあって意味がわからないことしか言えなかった。

「あのねおじいちゃん!私はバイトしてるから!私、お金持ってるから!!
大丈夫!!困ってないから!!」
とかそんな感じのこと言ったかな。
大丈夫とかの問題じゃねえよ…。

おじいちゃんそれでも「6万…」って言うから、かなりでかい声で「大丈夫!!です!!」って言ったらションボリした顔で近所の高校の方に向かって行ったけど、不審者情報は回ってこなかったから諦めたんだと思う
130:2014/10/07(火)00:50:33 ID:
>>130
話し相手とか欲しかったのかな・・・
131:2014/10/07(火)00:51:55 ID:
何がファンキーかって、その歳で援交を持ちかけてきたこととなかなかに折れない強い精神を持っていたことですかね

この話も終わり
132:2014/10/07(火)00:52:41 ID:
>>131
話聞くだけなら全然かまわないけど、6万円出すってなると犯罪臭しかしない…
ごめんなジイちゃん…
133:2014/10/07(火)00:53:23 ID:
>>133
たしかにそうか・・・
ジイちゃん・・(´・ω・`)
134:2014/10/07(火)00:55:03 ID:
>>1
おつでした!いっぱいおつかれさまでした(`・ω・´)
135:2014/10/07(火)00:58:25 ID:
このことがあってからしばらくはオッサンだけじゃなくてジイさん、というか男性全般怖いってなってたし、女子クラスっていうのもあって男の人と全く関わらなくなったという>>1でありました
136:2014/10/07(火)00:59:28 ID:
>>135
ありがとう!
そして、最後まで付き合ってくれてありがとう!
137:2014/10/07(火)01:00:36 ID:
見てる人少ないだろうけど、質問とかあったらどうぞ

なければ寝ます
141:2014/10/07(火)14:44:55 ID:
最後まで読んだ!

>>1乙でした!
関連記事





引用:本屋で援交女と間違われて付け回された話

アダルト | 【2017-06-02(Fri) 21:30:23】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
本屋で援交女と間違われて付け回された話 ブログパーツ ブログパーツ
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する




最近記事のRSS 
Twitterフォロー Yahoo!ブックマーク お気に入りに追加






Copyright © 2ch系女子速報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 

skin:*cuteblog*   
javascript:void(0);